100年に一度の大変革の時代、その高度なニーズに応えるため、システム開発はますます複雑化し巨大化してきています。たとえば自動車のシステム開発、そのソフトウェアの大きさは1億行を超え、戦闘機と大型旅客機をあわせたその大きさも超え、従来のやり方では開発破綻。コンピュータによるシミュレーション活用(MBD開発)なくしてはこれらの開発が不可能な時代となりました。

  世界一のMBDツールを使えば、だれもが世界一の開発ができるのではありません。使うための考え方やメソッドが何よりも大切になってきます。試行錯誤している時間はありません。正しいアドバイスを受け、世界一の最適化を早く!

MBDのあるある悪い例です。知らないと、最適解にたどり着けませんし、資源ばかり浪費します。

1)悪い設計の後で、MILS検証やHILS検証 を膨大な組み合わせ数で自動実験するが品質が上がらないパターン

2)設計変更のたびに 膨大な詳細CAE をたくさん繰り返し、資源を浪費するパターン

3)性能のための最適化、品質のための最適化、、、、試行錯誤型MBDに陥るパターン

4)最適化する順番を間違えたために、開発後半で大きな問題で行き詰まるパターン

5)正しい考え方とメソッドでやってるのに、システムが巨大で複雑すぎて意思決定できないパターン(将来はこれが増加)

TopPage

▶︎                           http://i-models.jp/Advisor/TopPage.html

巨大システム開発  の アドバイザー役